Hero Banner Description Text

beginners-at-least-for-20190123.PNG

『AWS ご利用開始時に最低限おさえておきたい10のこと』ご紹介

AWS利用開始時に必ずチェックしておきたいセキュリティ設定や、有効化しておきたいアカウント設定などについて、AWSのクラウド設計ベストプラクティスであるAWS Well-Architected Framework(注) を使いながら、AWS初心者の方(AWS初期ステージの方)向けに噛み砕いて解説します。これからAWSを使う予定の方、最近AWSを使い始めた方はもちろんのこと、以前から利用しており再チェックしたい方にもおすすめです。


注: AWS Well-Architected Frameworkとは?


Well-Architected フレームワークは、クラウドアーキテクトがアプリケーション向けに実装可能な、安全で高いパフォーマンス、障害耐性を備え、効率的なインフラストラクチャを構築するのをサポートする目的で開発されました。このフレームワークでは、5 つの柱 (運用上の優秀性、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コスト最適化) に基づいて、お客様とパートナーがアーキテクチャを評価し、時間と共にスケールする設計を実装するための一貫したアプローチが提供されます。


右のフォームにご登録いただきますと、以下のようなアセットをご活用いただけます。



1.『AWSご利用開始時に最低限おさえておきたい10のこと』ビデオ(1時間)

beginners-at-least-for-20190123-1.PNG
AWS Well-Architected Frameworkの概要をお伝えした後、AWS利用開始時に最低限おさえておきたいこと、セキュリティ(5項目)、信頼性(2項目)、コスト最適化(3項目)について、AWS ソリューションアーキテクトの高山が解説します。

2.『AWSご利用開始時に最低限おさえておきたい10のこと』資料
解説に使用している資料がダウンロードできます。資料としてもご活用いただけます。

3.『AWS Well-Architected Framework』チェックシート
2019版のチェックシートの日本語版がエクセル形式でダウンロードできます。これからAWSを利用する方も、すでに利用中の方も、自社のアーキテクチャを評価するのにご活用いただけます。


  講師紹介

髙山 博史
アマゾンウェブサービス株式会社 Well-Architected Specialist Solutions Architect
0807_takayama.png
以下ご登録いただきますと、ビデオ及び資料ダウンロードページに遷移します。