~踏み出そう、AWS への最初の一歩~


「AWSome Day」は、AWS クラウドジャーニーのはじめの一歩として、AWS に関する基礎知識を 1 日で体系的に学ぶ無償のトレーニングイベントです。AWS テクニカルインストラクターが主導するセッションを通じて、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワークといった AWS の主要なサービスを段階的に学ぶことができます。また、AWSに関わる方への基礎知識として、請求、アカウントマネジメント、料金モデル等、実際の導入に向けた内容となっております。技術的な面だけではなく、これから AWS クラウドを学ぶために必要となる知識を身に付けたい方、エンジニアのみならず、営業職、プリセールス職、学生まで幅広い方々におすすめします。

ご注意事項:本セッションは 4/8-5/7 AWS Innovate にて開催されたものと同じ内容です。


今すぐ無料参加申し込み



タイムテーブル


セッションタイトル
15:00  15:30
 
セッション 1: AWS のグローバルインフラストラクチャとネットワークおよびコンピューティング

高橋 敏行
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 パートナー技術本部 テクニカルイネーブルメント部 / パートナーソリューションアーキテクト
平賀 博司
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

AWS の基礎であるグローバルインフラストラクチャと、その上でご利用いただく仮想ネットワークサービスの Amazon Virtual Private Cloud (VPC)、仮想サーバーの Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)、クラウドならではの動的にサーバー台数を調整できる AutoScaling についてお話しします。
このセッションを通して、AWS のサービスの基本を学習することができます。
15:30 ~ 15:40
休憩
15:40 ~ 16:10
 
セッション 2: ストレージとデータベース

このセッションでは、ストレージサービスであるAmazon Simple Storage Service(S3)とAmazon Elastic Block Store(EBS)について、また、Amazon Relational Database Service(RDS)、Amazon DynamoDBをはじめとする各種データベース機能について体系的にご理解いただきます。
16:10 ~ 16:20
休憩 
16:20 ~ 16:50
 
セッション 3: AWS のセキュリティの基本

AWS を安心してご利用いただくための機能についてのセッションです。Amazon Virtual Private Cloud(VPC)により AWS リソースを起動するための仮想ネットワーク環境をどのようにコントロールするかを学び、AWS Identity and Access Management(IAM)によるユーザーアクセスコントロールについてご理解いただきます。
また、AWS が考えるセキュリティの基本および AWS で用意している各種セキュリティのための取り組みについてご紹介します。
16:50 ~ 17:00
休憩
17:00 ~ 17:30
 
セッション 4: Well-Architected Framework と料金の話

ここまでのセッションの中で登場して来た様々なリソースを、いかに効率よく構成するかが実装の観点では重要となります。
AWS では、これまでの実践を通してベストプラクティスや設計の原則を『Well-Architected Framework』として提供しています。その考え方の基本を紹介し、各種利用料金の考え方についてご理解いただきます。

開催日時 2019 年 9 月 18日(水)15:00 - 17:30
開催形式 オンラインセミナーとなりますので、どこからでもインターネット経由でご参加頂けます
対象 AWS のご利用を始めて間もないエンドユーザーのお客様
AWS のご提案に必要な基礎知識をこれから習得したい企業の皆様
申込方法 以下フォームに記載 (メールで Webinar アクセス用リンクが送信されます。)
参加費用 無料
主催 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社


以下のフォームよりご登録ください。