AWS Black Belt Online Seminar




10 月のスケジュール

 

AWS CloudFormation deep dive

2020 年 10 月 6 日 (火) | 12:00 - 13:00 | IT 知識レベル:★★★★☆ | AWS 知識レベル:★★★★☆

AWS CloudFormation を使うとAWSの構成をテンプレートで管理できます。一方で実際の運用では状況に合わせて多様な使い方が考えられます。本セミナーでは CloudFormation をすでに使っている方向けに、ユースケースに合わせた運用方法や、周辺サービスとの連携についてご紹介します。

対象者

  • CloudFormation を使った運用を設計しているアーキテクト
  • 実際に運用を行っているエンジニアの方

本セミナーで学習できること

  • CloudFormation の高度な機能
  • ユースケースに合わせた具体的な利用方法

スピーカー

1006_yukitakaohmura.jpg
大村 幸敬
Solutions Architect





AWS Security Hub

2020 年 10 月 13 日 (火) | 12:00 - 13:00 | IT 知識レベル:★★★★☆ | AWS 知識レベル:★★★★☆

AWS Security Hub は、皆様の AWS アカウントにおける重要なセキュリティアラートやコンプライアンス状態を一元的に可視化することができます。Amazon GuardDuty, Amazon Inspector, Amazon Macie などの AWS サービスや、AWS パートナーソリューションからの検出結果を集約、分析、優先順位付けをするサービスです。これにより、皆様のAWS環境を継続的に監視し、AWS ベストプラクティスや皆様の組織が遵守すべきセキュリティ基準に基づいたコンプライアンスチェックを自動的に行います。本セミナーでは、AWS Security Hub の効果的な使い方を紹介し、皆様がセキュリティ検出結果にどのように対応・修復することができるかを説明します。

対象者

  • AWS 環境全体のセキュリティ監視・運用に責任を持つセキュリティ担当者
  • 組織のセキュリティポリシーやルール遵守に責任を持つコンプラアインス担当者
  • AWS 上で稼働する自社サービスのセキュリティに責任を持つサービス開発運用担当者

本セミナーで学習できること

  • AWS Security Hub の最新機能紹介
  • 組織のセキュリティ評価やコンプライアンス遵守を行うための効果的な使い方
  • セキュリティ検出結果への対応や修復方法

スピーカー

1013_hayatokiriyama.jpg
桐山 隼人
Solutions Architect





AWS App Mesh Deep Dive

2020 年 10 月 14 日 (水) | 18:00 - 19:00 | IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★★☆☆

AWS App Mesh を使用すると、さまざまな種類のコンピューティングインフラストラクチャをまたいで構築されたサービスに、一貫した可視性とネットワークトラフィック制御が提供され、サービスの実行が容易になります。 本セミナーでは、Amazon ECS および Amazon EKS における App Mesh の具体的な利用方法を中心に、サービス間の相互通信に App Mesh を使用する利点についてご説明いたします。

対象者

  • AWS App Mesh の導入を検討しているアーキテクト、技術者の方

本セミナーで学習できること

  • Amazon ECS および Amazon EKS における AWS App Mesh の具体的な利用方法

スピーカー

1014_kyosukeochimizu.jpg
落水 恭介
Solutions Architect





AWS CodeCommit & AWS CodeArtifact

2020 年 10 月 20 日 (火) | 12:00 - 13:00 | IT 知識レベル:★★☆☆☆ | AWS 知識レベル:★★☆☆☆

AWS にはソフトウェア開発をサポートする様々なサービスがあります。今回はその中より、Git ベースのフルマネージド型のソース管理サービスである AWS CodeCommit, 2020年6月に一般提供を開始した AWS CodeArtifact の機能やユースケースをご紹介します。 AWS CodeArtifact フルマネージド型のアーティファクトリポジトリサービスであり、あらゆる規模の組織がソフトウェア開発プロセスで使用されるソフトウェアパッケージを安全に保存、公開、および共有することを容易にします。

対象者

  • AWS CodeCommit, AWS CodeArtifact について知りたいアーキテクト、技術者の方

本セミナーで学習できること

  • AWS CodeCommit, AWS CodeArtifact の概要
  • ユースケース

スピーカー

1020_masahiromatsmoto.jpg
松本 雅博
Solutions Architect





Amazon VPC

2020 年 10 月 21 日 (水) | 18:00 - 19:00 | IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★★☆☆

Amazon VPC は、アマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウド内で論理的に分離したセクションをプロビジョニングし、お客様が定義する仮想ネットワークです。VPCの基本概念を紹介し、サブネットの作成、ルートテーブルやネットワークゲートウェイなど、仮想ネットワーキング環境をコントロールする方法、また、既存のデータセンターと自分の VPC をどのように接続するかの考え方を解説します。

対象者

  • Amazon VPCについて知りたいアーキテクト、技術者の方

本セミナーで学習できること

  • Amazon VPCの概要と設計
  • 最新アップデート情報

スピーカー

1021_yukihirokikuchi.jpg
菊池 之裕
Solutions Architect





AWS IoT Core

2020 年 10 月 27 日 (火) | 12:00 - 13:00 | IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★☆☆☆

AWS IoT Core は、IoT デバイスを簡単かつ安全にクラウドと通信できるようにするマネージドサービスです。AWS IoT Core を使うと、IoT デバイスから送信したデータに基づいて他の AWS サービスと連携したり、クラウド側で IoT デバイスの状態に基づいた制御などを簡単に実現することができます。本セミナーでは、AWS IoT Core の概要や機能と最新アップデート情報、及び関連サービスと組み合わせたユースケースをご紹介いたします。

対象者

  • IoT デバイスをクラウドに接続し、各種クラウドサービスと連携させた IoT ソリューションの開発を検討されている方
  • 既に IoT ソリューションをお持ちで、より効率的に運用できるサーバーレス環境への移行を検討されている方

本セミナーで学習できること

  • AWS IoT Core の概要や機能と最新アップデート情報
  • 関連サービスと組み合わせたユースケース

スピーカー

1027_yukinobumine.jpg
嶺 行伸
Solutions Architect





Amazon CloudFront deep dive

2020 年 10 月 28 日 (水) | 18:00 - 19:00 | IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★★☆☆

Amazon CloudFront はコンテンツデリバリーネットワーク(CDN) の機能を提供するサービスです。本ウェビナーでは、データ、動画、アプリケーション、および APIを高速化したい技術者の方を対象として、最新アップデートを含め CloudFront の機能やユースケースをご紹介します。

対象者

  • Amazon CloudFront について知りたいアーキテクト、技術者の方

本セミナーで学習できること

  • Amazon CloudFront の概要と設計
  • 最新アップデート

スピーカー

1028_yoshinorifujiwara.jpg
藤原 吉規
Solutions Architect






推奨パソコン環境

ブラウザ環境:
Google Chrome (most recent 2 versions)
Mozilla Firefox (most recent 2 versions)
Internet Explorer v11
Microsoft Edge (most recent 2 versions) 

インターネット環境:
Computer: 1 Mbps or better (broadband recommended) 

※セルフチェックが可能となっております。セルフチェックはこちら≫
※携帯からのご視聴は推奨しておりません。
よくあるご質問

Q. 質問はどのようになげれば良いのでしょうか?
A. Webinar 画面の右側に吹き出しBOXがありますので、そこに記入が可能です。
    ※書き込んだ質問は、主催者にしか見えません
    ※今後のロードマップに関するご質問は お答えできませんのでご了承下さい
    ※当日都合により Q&A タイムが実施できない場合がございます。ご了承ください。
AWSome_QA_JP.png
Q. 投げかけた質問の回答はどこで確認できますか?
A. 後日 Amazon Web Services ブログ へ掲載いたします。「AWS クラウドサービス活用資料集」にもブログへのリンクを公開いたします。
Q. 資料はダウンロードできますか?
A. 後日 AWS クラウドサービス活用資料集 に公開いたします。
Q. 動画が観れません・音が聞こえません。
A. ブラウザのリロードをしてみてください。またセルフチェックを事前にお試しください。セルフチェックはこちら≫

Select Webinar(s)