Amazon RDS Performance Insights


RDS Online Seminar #3



#3 では Amazon RDS で利用できる Performance Insights について解説するだけではなく、実際にハンズオンでその利用方法を体験していただきます。

タイトル RDS Online Seminar #3 - Amazon RDS Performance Insights
日時 2020 年 12 月 3 日(木) 開演: 13:30 ~ 15:00  
会場 オンライン開催
参加費 無料
申込方法 お申し込みフォームに記載 (メールで Webinar アクセス用リンクが送信されます。)
※競合他社様からのお申し込みはお控えください。
※複数名のご参加を予定されている場合でも、お手数ですが 1 名ずつのお申し込みが必要となります。(おひとり様につき1つのメールアドレスが必要となります。)
対象 ・AWS が提供するマネージド型リレーショナルデータベースについて学びたい方

・Amazon RDS で利用できる Performance Insights について学びたい方

・Amazon RDS で利用できる Performance Insights を試してみたい方
主催 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
アジェンダ
13:30~14:00 Auto Check-In App のご紹介+デモ

14:10~14:40 Amazon RDS Performance Insights 概要

データベースのパフォーマンスを管理する上で、平常時から様々なメトリクスを収集し問題発生時に即座に分析を可能なプラットフォームが必要です。このセッションではフルマネージ型のサービスでデータベースのパフォーマンス分析が簡単に実現できる Amazon RDS Performance Insights を説明します。また、パフォーマンス分析で重要なメトリクスであるデータベースロードなどいくつかのメトリクスに関しても理解して頂けます


スピーカー: 北澤 英崇 データベースソリューション部 ソリューションアーキテクト

14:10~14:40 Amazon RDS Performance Insights ハンズオン

データベースのパフォーマンスがダウンした際に、どのようにボトルネックを特定しチューニングするのか?このハンズオンでは、実際のパフォーマンストラブルの状況からボトルネックの特定、チューニングで改善するまでのステップをハンズオンで体験して頂きます
推奨パソコン環境 視聴にあたり、以下のPC環境をご確認ください。
スムーズに作業を進めるためデュアルディスプレイ環境を推奨いたします。

ブラウザ環境:
Google Chrome (most recent 2 versions)
Mozilla Firefox (most recent 2 versions)

インターネット環境:
Computer: 1 Mbps or better (broadband recommended) 

※セルフチェックが可能となっております。セルフチェックはこちら≫
※携帯からのご視聴は推奨しておりません。
参加に必要な要件 ご利用可能なAWS アカウントID をお持ちであること
 AWSアカウント作成の流れおよび開設方法はこちら>>
※アカウント取得はクレジットカードの番号入力が必要となります。
※複数名のご参加を予定されている場合でも、1 名ずつ別のAWSアカウント ID をご用意ください。
注意事項 本ハンズオンをお試しいただく際には AWS 使用量が発生します。ハンズオン終了後は削除手順に従い、必ず作成した全てのリソースを削除していただきますようお願いいたします。リソースを消し忘れた場合は、引き続き使用量が発生しますので、ご注意ください。