AWS Black Belt Online Seminar




8 月のスケジュール

 

Amazon CodeGuru

2020 年 8 月 4 日 (火) | 12:00 - 13:00 | IT 知識レベル:★★☆☆☆ | AWS 知識レベル:★★☆☆☆

Amazon CodeGuru は、自動化されたコードレビューとアプリケーションパフォーマンスの推奨事項を提供する機械学習をベースとしたサービスです。デベロッパーは Amazon CodeGuru を活用することにより、コードレビューの段階で問題点を把握できる他、稼働中のアプリケーションのプロファイリングを得て最もコストがかかるコード行を特定できます。本セミナーでは、CodeGuru の機能紹介とユースケースについて解説します。

対象者

  • 技術者の方
  • アプリケーション開発者の方
  • コードレビュープロセスを効率化したい方
  • アプリケーションパフォーマンスを最適化したい方

本セミナーで学習できること

  • Amazon CodeGuru の概要
  • ユースケース
  • 最新アップデート情報

スピーカー

0804_YumikoKanasugi.jpg
金杉 有見子
Solutions Architect





CloudEndure

2020 年 8 月 11 日 (火) | 12:00 - 13:00 | IT 知識レベル:★★☆☆☆ | AWS 知識レベル:★★☆☆☆

CloudEndure はクラウド移行を高度に自動化することで、移行時間の短縮やコスト削減を実現します。さらにサーバー障害などに備えて Disaster Recoveryを構成することも可能です。本セミナーでは、CloudEndure の概要や利用する際の注意点などについてお話しします。

対象者

  • AWS へサーバー環境をリフトしたい方、それらをリードするエンジニアの方

本セミナーで学習できること

  • CloudEndure を使ったサーバー移行
  • DR 環境の実現

スピーカー

0811_ShoichiIkeda.jpg
池田 正一
Solutions Architect





Amazon Macie

2020 年 8 月 12 日 (水) | 18:00 - 19:00 | IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★★☆☆

Amazon Macie は従来東京リージョンで利用出来ませんでしたが、サービスが刷新され、東京リージョンでも利用出来るようになりました。機械学習を活用して、AWS マネージドな形で Amazon S3 バケット上の機微情報、個人情報を検出することが可能です。本セミナーでは、この新しくなったAmazon Macie の機能紹介とユースケースについて解説します。

対象者

  • セキュリティ担当者
  • Amazon S3 バケット上の機微情報
  • 個人情報の格納にリスクを感じている方

本セミナーで学習できること

  • 新しい Amazon Macie による機微情報の検出方法
  • ユースケース

スピーカー

0812_SatoshiTakahashi.jpg
髙橋 悟史
Solutions Architect





AWS Shield Advanced

2020 年 8 月 18 日 (火) | 12:00 - 13:00 | IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★★☆☆

AWS Shield Advanced は、AWS で実行しているアプリケーションを分散サービス妨害 (DDoS) から保護するサービスです。AWS Shield Advanced をご利用頂くことで、DDoS 攻撃の状況を可視化したり、AWS DDoS レスポンスチーム (DRT) にアクセスし支援を求めることができます。本セミナーでは、最近の AWS への DDoS 攻撃の傾向や AWS Shield Advanced の機能を中心に最新のアップデートについて解説します。

対象者

  • セキュリティ担当者
  • DDoS 対策に興味のある方
  • AWS Shield Advanced の導入をご検討されている方

本セミナーで学習できること

  • 最近の AWS へのDDoS 攻撃の傾向と AWS Shield Advanced の機能

スピーカー

0818_yutakaoka.jpg
岡 豊
Solutions Architect




FreeRTOS

2020 年 8 月 19 日 (水) | 18:00 - 19:00 | IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★★☆☆

FreeRTOS は、低電力小型エッジデバイスのプログラミング、デプロイ、保護、接続、管理を簡単にするマイクロコントローラー向けのオープンソースかつリアルタイムのオペレーティングシステムです。本セミナーでは、FreeRTOS の基本や、FreeRTOS を使用した AWS IoT への接続方法、セキュリティ対策、OTA アップデート方法などのご紹介と、開発の開始方法についてお話します。

対象者

  • 組み込みソフトウェアの開発者
  • IoT デバイスの量産開発を検討されている方

本セミナーで学習できること

  • FreeRTOSの使い方、メリット
  • 最新アップデート情報

スピーカー

0819_TatsuhiroIida.jpg
飯田 起弘
Solutions Architect






AWS EC2 Image Builder

2020 年 8 月 25 日 (火) | 12:00 - 13:00 | IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★★☆☆

EC2 Image Builder は、OSイメージビルドパイプラインの自動化を実現するサービスです。これにより、簡単かつ高速に、セキュアな Windows Server および Linux OS イメージをビルドしメンテナンスすることができます。本セミナーでは、EC2 Image Builder の概要と使い方、そしてユースケースについてご紹介いたします。

対象者

  • EC2 Image Builder を使ったことが無い方
  • セキュアなサーバーイメージの作成や更新に苦労されている方

本セミナーで学習できること

  • EC2 Image Builder の概要と使い方
  • このサービスによって得られるベネフィット

スピーカー

0825_YoshikiYanagi.jpg
柳 嘉起
Solutions Architect




AWS CloudFormation

2020 年 8 月 26 日 (水) | 18:00 - 19:00 | IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★★☆☆

AWS CloudFormation はAWSリソースの環境構築を、設定ファイルを元に自動化できるサービスです。本セミナーでは AWS CloudFormation の基本的な機能をはじめ、ユースケース、アップデート情報についてもご紹介いたします。

対象者

  • AWS の環境を設定ファイルで管理しようと考えているエンジニアの方
  • AWS の各種サービスを自動構築しようと検討されている方

本セミナーで学習できること

  • AWS CloudFormation の概要
  • メリット、ユースケース
  • 最新アップデート情報

スピーカー

0826_hirokiUchida.jpg
内田 大樹
Solutions Architect




推奨パソコン環境

ブラウザ環境:
Google Chrome (most recent 2 versions)
Mozilla Firefox (most recent 2 versions)
Internet Explorer v11
Microsoft Edge (most recent 2 versions) 

インターネット環境:
Computer: 1 Mbps or better (broadband recommended) 

※セルフチェックが可能となっております。セルフチェックはこちら≫
※携帯からのご視聴は推奨しておりません。
よくあるご質問

Q. 質問はどのようになげれば良いのでしょうか?
A. Webinar 画面の右側に吹き出しBOXがありますので、そこに記入が可能です。
    ※書き込んだ質問は、主催者にしか見えません
    ※今後のロードマップに関するご質問は お答えできませんのでご了承下さい
    ※当日都合により Q&A タイムが実施できない場合がございます。ご了承ください。
AWSome_QA_JP.png
Q. 投げかけた質問の回答はどこで確認できますか?
A. 後日 Amazon Web Services ブログ へ掲載いたします。「AWS クラウドサービス活用資料集」にもブログへのリンクを公開いたします。
Q. 資料はダウンロードできますか?
A. 後日 AWS クラウドサービス活用資料集 に公開いたします。
Q. 動画が観れません・音が聞こえません。
A. ブラウザのリロードをしてみてください。またセルフチェックを事前にお試しください。セルフチェックはこちら≫
Q. 視聴前にセッションのテストを行えますか?
A. セミナー開催前にセッションのテストを行いたい場合は、こちらから可能です。

Select Webinar(s)