Hero Banner Description Text

第1回 Amazon SageMaker 事例祭り



2019 年 1 月 15 日(火)
アマゾン新目黒オフィス 目黒セントラルスクエア21F 021 で開催
(7月1日より新オフィスに移転しました。)


AWS 体験ハンズオン 大阪~セキュア&スケーラブルウェブサービス構築編~ (2017 年 4 月 18 日開催)



Amazon SageMaker は、データサイエンティストやエンジニアが機械学習を行う上での効率を改善し、機械学習にとって重要なイテレーションの負荷を低減しています。


2018年5月より、東京リージョンでサービス提供が開始され、日本のお客様による検討、導入が進んでいます。

本セミナーでは、当該サービスの最新情報や技術情報、活用事例を提供するとともに、実際に導入頂いたお客様による「体験談」をお話しいただきます。

日時
2019 年 1 月 15 日(火 )
開場: 13:15   
開演: 13:45 ~17:30  
開催場所
〒141-0021  東京都品川区上大崎3-1-1
参加費
無料
定員
140 名
※お申込み多数の場合は抽選となる可能性がありますので、予めご了承ください。
申し込み終了
1 月 11 日(金) 17:00 まで
アジェンダ

アジェンダは変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

13:45~14:30 Amazon SageMakerとは何か(45分)

14:30~15:15 Amazon SageMaker re:Inventアップデート(45分)

15:15~15:45 休憩(30分)

15:45~17:00 Amazon SageMaker 事例発表(各社様 20分程度)
- スマートニュース株式会社
Data Science Team , Data Scientist
Meng Lee様
【タイトル】SmartNews の機械学習ソリューションを次のステージへ
【概要】Amazon SageMaker により、機械学習のエキスパートが本質にフォーカスし、素晴らしいアウトプットを生み出すことが可能になります。世界中の良質な情報を届けるために、記事分類を始め、SmartNews はどうやって SageMaker を最大限に活用しているのか、紹介させて頂きます。

- 株式会社ミクシィ
ヴァンテージスタジオ みてね事業部 開発グループ
鐘 鋭様
【タイトル】Sagemakerに適した顔検出と安定運用の自動化
【概要】Sagemakerを用いて高速化した顔検出のアーキテクチャと、自動化した運用パイプラインの紹介など

- 株式会社FiNC Technologies
湯通堂 圭祐様
【タイトル】SageMakerと目指す機械学習の民主化 - FiNC秋の機械学習まつり
資料ダウンロードはこちら>>

- 株式会社SIGNATE
執行役員 CTO
千 成徳様
【タイトル】SIGNATEにおけるAmazon SageMaker活用事例
【概要】
日本最大AI開発コンペティションサイトであるSIGNATEでは様々コンペが行われております。その中の一つである「JR西日本 走行中の北陸新幹線車両台車部の着雪量予測」コンペで入賞したモデルをAmazon SageMakerベースに開発したSIGNATEのAI基盤システム上で運用しております。
本セッションではAmazon SageMaker導入理由や運用についてJR西日本様の事例を交えてお話しさせて頂きます。

17:00~17:15 Q&A
対象 機械学習の基本的な知識を前提といたします。
お申し込みについて 本ページ右側のフォームよりお申し込みください。
※複数名のご参加を予定されている場合でも、お手数ですが 1 名ずつのお申込が必要となります。
主催 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
本セミナーの申し込み受付は終了いたしました。